真宗高田派本山専修寺

古きも新しきも体験し、
夢をみることができる
宝物館ができました。

親鸞聖人の教えにであう場所

燈炬殿(とうこでん)

インフォメーション

● 1/17以降は3/13まで館内メンテナンスのため休館となります。
  次回は3/14(木)より開館いたします。新しい企画展を準備しております。どうぞご期待ください。

展覧会情報

企画展

真慧展 『影印翻刻現代語訳 顕正流義鈔』出版記念

伝燈 燈火を伝える歴代上人

伝燈 燈火を伝える歴代上人

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます

 この度、高田短期大学仏教教育研究センターより『影印翻刻現代語訳 顕正流義鈔』が出版されました。高田派第十世真慧上人が著された『顕正流義鈔』を多くの方に読んでいただけるよう現代語訳されたものであり、本書の出版は高田派の歴史や教学を含めたあらゆる側面において大きな意味を持ちます。
 燈炬殿では、本書の出版を記念して「真慧展」を開催いたします。真慧上人ご在世の時代から五百年以上の歳月が経ってなお、大切に守り継がれてきた上人ゆかりの法宝物をご紹介いたします。ご自筆の書籍をはじめ、ご使用品と伝わる品々を通し、高田派中興の祖と仰がれる真慧上人の尊いご行跡の一端にお触れください。

● 会期 令和6年3月14日(木) ~ 5月6日(月)

● 開館時間 10:00~15:30(入館は15:00まで)

● 会期中イベント
  ・記念講演会 「『顕正流義鈔』を通してみる真慧上人の教え」
    日時:3月31日(日)13:30~14:30
    講師:藤田正知氏(仏教教育研究センター研究員 高田中・高等学校教諭)
    場所:燈炬殿VR シアター(先着40 名)
    ○当日観覧券が必要です。

● 休館日 毎週月曜日(3/18、4/8、4/29、5/6 は開館)、4/30(火)

開館スケジュール

燈炬殿について

施設案内

専修寺が受け継いだ法宝物から
親鸞聖人の教えをまなぶ

展示室

燈炬殿

専修寺が受け継いできた親鸞聖人ゆかりの多数の法宝物。これらによって聖人が示された〈阿弥陀如来の本願によって救われる教え〉がどのように伝えられてきたのかを学ぶことができる展示を行います。

360度映像空間で
親鸞聖人の教えにふれる

VRシアター

OJODO
OJODO

SENJUJI360
SENJUJI360

圧倒的臨場感で専修寺の美を間近に体感できる「SENJUJI360」、圧倒的没入感で極楽浄土の世界を体感できる「OJODO」の2つのプログラムを上映します。

燈炬殿について

燈炬殿

「燈炬殿(とうこでん)」とは「無明長夜(むみょうじょうや)の燈炬なり」という『正像末法和讃(しょうぞうまっぽうわさん)』35首目の一節にちなんで名付けられました。
親鸞聖人は、心を悩ませ苦しめる煩悩から逃れることができない人間のありさまを“明けることのない長い夜”に譬(たと)え、「阿弥陀如来の本願こそが煩悩の長い夜の闇を破る大いなるともしび(燈炬)である」とうたわれています。ぜひ、親鸞聖人の教えにふれ、実感できるこの宝物館で、私たちの心の闇を“智慧のともしび”で破ろうとする阿弥陀如来の光明に照らされてまいりましょう。

Copyright © 真宗高田派本山専修寺 All Rights Reserved.